プロフィール

皆様はじめまして。
サラコリと申します。

コリドラス歴4年(2021年現在)
30代♂会社員 妻子もちです。

会社からの帰宅後のコリドラス観賞が趣味で
時間もお金もない中、育児とコリドラス飼育に奮闘中です。

他の魚と争うことなく、毎日平和に水槽の底でボーっと1日を過ごす
そんなコリドラスが自分とダブって大好きです。

ブログを書こうと思ったきっかけ

コリドラスの飼育法を書いているサイトは多いですが、まったくの初心者から始めるには
難しいサイトが多いと自分が初心者のときに感じていました。

もっと細かく、やりかた1つ1つを記載してくれているサイトがあればいいのにと。

細かな飼育法は自分で探っていくのもアクアリウムの楽しさではありますが、
その過程で生体の『死』が多くなると、罪の意識や申し訳なさから
アクアリウムを辞めたくなってしまう人も多いと思います。

このブログはなるべくわかりやすく、簡潔に、写真を多く入れて
記事を書くことによって、なるべく『死』を少なくすることが目的です。

私自身今にたどり着くまでに数多くの失敗をして、多くの生体を死なせてしまいました。

過去の失敗の歴史

金魚飼育経験しかない状態で過密飼育スタート

過去にお祭りの金魚くらいしか飼育した経験がない状態で
熱帯魚ショップへ出かけ、フィルターと水槽と生体を同時に購入。

まったく立ち上がっていない45cmスリム水槽に
メダカ4匹、アカヒレ(稚魚)5匹、コリドラスパンダ4匹を入れて飼育開始。

すぐにコリドラスは体を底面に擦りだし、ほぼ毎日水替えをするも
メダカ1匹、アカヒレ2匹、コリドラス1匹を死なせてしまいました。

雑な水合わせで次の日に死なせてしまう

新しくコリドラスを2匹購入。

少し飼育に慣れてきたこともあり、
めんどくさかったので点滴法ではなく水槽の水をコップでざばざばと入れて
水合わせ完了とし水槽に投入。

次の日には2匹とも死んでしまいました。

健康なコリドラスを薬浴してしまう

たまたま背ビレを畳んだ状態のコリドラスを発見。

見てみるとなんとなく目が飛び出しているような気がしたので
ポップアイか!?とじっくり観察もせずに急いで薬浴開始。

体調3cm程度の小さな個体だったため薬浴に耐えられずに死なせてしまいました。

皆さんに伝えたいこと

上記で紹介した失敗例はほんの一部です。

私はたくさんの失敗をして多くの熱帯魚を死なせてしまいました。

アクアリウム開始時から今も生きている個体はコリドラスパンダ1匹のみです。

その個体が僕です。
今では同じ水槽内に孫までいるよ

avatar

1つ思うことはアクアリウムをする上で『死』はさけられないことであり
その先に上達があるということです。

罪の意識や申し訳なさからアクアリウムを辞めてしまったらその生体の『死』は
無駄になってしまいます。

今では私の水槽内で短期間で死んでしまう個体はほぼいません。

それは『死』があってもあきらめずに続けてきたからです。

私にできたことなのでみなさんにも必ずできます。

なるべく『死』が少なく、そこまで上達できるようにお手伝いが出来たらと思います。

アクアリウムで、コリドラスで、癒される人が増えたらいいなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする