パイロットフィッシュは何を基準に選べばいい?

サラリーマン、自営業、主婦(夫)、学生の皆様、今日もお疲れ様です。

水槽にパイロットフィッシュを入れたいんだけど、どうやって選べばいいかわからないよ

avatar

新規での水槽立ち上げ時にはパイロットフィッシュが必要です。

それはパイロットフィッシュの糞がバクテリアの良い栄養となり、フィルターにバクテリアをしっかりと繁殖させることができるためです。

関連記事>>>コリドラス水槽にパイロットフィッシュは必要か?

パイロットフィッシュはバクテリアが繁殖し、水槽が立ち上がったその後も飼育していくことになるため長い付き合いとなりますし、初めて水槽を立ち上げる人だと記念すべき最初に飼育する熱帯魚になります。

そんなパイロットフィッシュに向いている熱帯魚の共通の特徴をご紹介します。

泳ぐゴールデンアカヒレ

スポンサーリンク

パイロットフィッシュの選び方

丈夫な熱帯魚をパイロットフィッシュにする

熱帯魚にはちょっとした水質変化で体調を崩してしまうものもいればちょっとやそっとのことではへこたれない種類もいます。

水槽立ち上げ時にはフィルターにバクテリアが定着していないため、パイロットフィッシュの糞で汚れて、水替えで綺麗になってというように水質の変化がかなり大きいです。

いきなりデリケートな熱帯魚からスタートすると水質の変化が少なくなるよう、毎日のように少量の水替えをしないといけなくなり、非常に手間がかかりますし難易度も高いので最初は丈夫で、なんでも食べるような熱帯魚からスタートするとよいです。

後から入れる熱帯魚との相性を考える

パイロットフィッシュは水槽が立ち上がった後も飼育することになります。

熱帯魚には生活圏があり、コリドラスの場合は水槽の下層ですので混泳させる場合はパイロットフィッシュは上層から中層を生活圏とするものが相性が良いです。

また、縄張り意識の強い熱帯魚や気性の荒い熱帯魚をパイロットフィッシュに選んでしまうとあとあとコリドラスやその他熱帯魚と喧嘩をしてしまいます。

喧嘩と言ってもコリドラスは温厚で一切喧嘩をしませんので一方的にいじめられてしまいます。

そのためパイロットフィッシュは縄張り意識のない温厚な熱帯魚を選ぶとよいです。

安価な熱帯魚をパイロットフィッシュにする

お金どうこうではないのですが水槽立ち上げ時は水質の変化が激しく、場合によっては死んでしまう個体が出てくるかもしれません。

高価な熱帯魚をパイロットフィッシュにして死んでしまうとやはりショックは大きいです。

価格はせいぜい数百円の安価なものの中からお気に入りのパイロットフィッシュを探しましょう。

そもそもパイロットフィッシュに適した種類は安価な熱帯魚に多いので選ぶのに困ることはありません。

関連記事>>>コリドラスと相性の良いパイロットフィッシュ5選

色味を考慮する

パイロットフィッシュとはいえ、バクテリアが繁殖した後も飼育していくことになるため、ある程度自分の水槽にあった色のものを選ぶとよいです。

緑の水草をたくさん入れる予定だから赤い魚を泳がせたいとか、茶色い流木をたくさん入れたいから青い魚をアクセントにしたい、などです。

そこまで深く考える必要はありませんが、なんとなく立ち上がった後の水槽をイメージしておくのも楽しいですよ。

まとめ

パイロットフィッシュは丈夫で安価で温厚な熱帯魚がおすすめです。

さらに可能であれば水槽が立ち上がった後をイメージして、より映える色の熱帯魚を選ぶとよいでしょう。

というわけで、みなさまのよいコリドラスライフを祈っております。

今週も頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする