スポンジフィルターの掃除ポイント4選

サラリーマン、自営業、主婦(夫)、学生の皆様、今日もお疲れ様です。

スポンジフィルターってどうやって掃除するの?

avatar

スポンジフィルターは小型水槽ではメイン、大きめの水槽ではサブ、
稚魚育成にも適した非常に使いどころの多い優秀なフィルターです。

関連記事>>>コリドラス水槽におススメのサブフィルターはどれ?

そんなたくさんあるメリットの中でも、『掃除が簡単』というのは
めんどくさがりの人にとっては最も良いメリットとなるかと思います。

今回はそんなスポンジフィルターの清掃時のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

スポンジフィルターの掃除ポイント4選

バケツに飼育水をためる

スポンジフィルターを洗うときは水槽の水替えと
同時に行うと効率が良いです。

水道水でスポンジを洗うと塩素や急な水温の変化によって
バクテリアが死んでしまうので水替え時に
水槽からバケツに吸い出した飼育水を使って洗うとよい
です。

底面フィルター掃除後の飼育水

写真は底面フィルター掃除後の飼育水だから
ちょっと汚いのは我慢してね。

avatar

スポンジフィルターを分解する

掃除の度に毎回分解して掃除する必要はないですが
長く使っているとスポンジフィルターの管中に
コケが生えて見栄えが悪くなります。

ものによってはかなり細かく分解できるので
ブラシで掃除しやすい程度に分解しましょう。

分解後のスポンジフィルター

スポンジフィルターは細い方の管から空気を入れて、
太い方の管に移動し水面に上昇することで水を水面に押し上げる仕組みですが
空気が細い管から太い管に出る穴にコケが生えて詰まることがよくあります。

スポンジフィルターの詰まりやすい部分

中央の2本の透明な管の左側の細い管から空気が入ってきて
右側の太い管に移動して水を押し上げながら
水面に浮きあがるという動きだよ

avatar

スポンジフィルターの水流が弱くなった時の原因はスポンジの目詰まり、
細い管から太い管への穴にコケが生える、エアーポンプ自体が弱くなっているの
3つが考えられますが細い管から太い管に出る穴が
コケで詰まっていることが圧倒的に多いです。

管の中をブラシでこする

管の中の汚れはブラシでこすれば簡単に落とすことができます。

スポンジフィルターの中までしっかり届く先の細いブラシを買っておく掃除しやすいです。

さすがに100均にはよいものが見つからなかったので
私の場合は近所のスーパーで買いました。

スポンジフィルターの掃除

空気が細い管から太い管へ出る穴はしっかりとこすっておくことが特に大事です。

ほかの部分は見栄えを特に気にしないのであれば何もしなくても大丈夫です。

スポンジを揉む

最後にフィルター部分であるスポンジを
バケツ内の飼育水に漬けながら手で揉みます。

スポンジフィルターの掃除

この作業をするとバケツの中が真っ黒になるので
一番最後に行った方がよいです。

また、水が黒くならなくなるまで綺麗に掃除してしまうと
バクテリアが減少しすぎてろ過能力が低下するので
せいぜいスポンジ1個につき、10回揉む程度でよいです。

飼育水も最初から最後までをバケツ1杯の水で行って問題ありません。

終わったらフィルターを組み立てて水槽に設置するだけです。

掃除後のスポンジフィルター

まとめ

スポンジフィルターは使いどころが多く、掃除も簡単な
非常に優秀なフィルター
です。

サブフィルターとしての使用は最もおススメできます。

掃除は定期的にスポンジを揉めばよく、水流が弱くなってきたと
感じたら、空気を送り込む細い管と空気が出ていく太い管のつなぎ目の穴を
しっかりと掃除してあげることが大切です。

というわけで、みなさまのよいコリドラスライフを祈っております。

今週もお疲れ様でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする